離婚で慰謝料が発生する原因と相場|ダブル不倫による離婚では慰謝料はどうなるか

離婚するときに気になるのが慰謝料です。すべての離婚に慰謝料が支払われる訳ではありません。支払われるのは、相手配偶者に離婚の責任があるときです。

今回は、離婚で慰謝料が発生する原因と相場増額させる方法ダブル不倫による離婚での慰謝料について解説していきます。

離婚慰謝料が発生する原因と相場

離婚慰謝料は、相手から受けた違法な精神的苦痛に対し支払われる賠償金のことです。性格の不一致だけで離婚する場合では、慰謝料を請求できないのがほとんどです。では、離婚慰謝料を請求する原因にはどのような内容があるのでしょうか?

また、離婚の場合「慰謝料=女性が請求」のイメージが強いですが、もちろん男性が請求するこも可能です。

不貞行為

浮気や不倫などの不貞行為が原因で離婚する場合は慰謝料を請求できます。慰謝料の相場は100万円~300万円程度、金額に差があるのは、次の状況が金額に考慮されるためです。

・不貞行為の期間と回数
・不貞行為が発覚する前の婚姻生活状況(不貞行為に至った経緯)
・不貞行為の主導者
・子どもの有無
・発覚後の反省と謝罪

これらの事情を考慮し算出します。精神的苦痛が大きいほど慰謝料は高額です。

DVやモラハラ

DVやモラハラが離婚原因の場合は、慰謝料を請求できます。相場は50万~200万円程度です。DVやモラハラ被害も次の状況を考慮し金額が増減されます。

・期間の長さ、回数
・暴力、暴言の程度
・被害の程度

ただ、DVと違いモラハラは実態がわかりにくいため、立証できないケースもあります。そのため証拠集めがカギです。

また、暴力により後遺症が残る場合は、慰謝料のほかに損害賠償請求ができる可能性があります。不法行為に対し認められたケースです。

悪意の遺棄

悪意の遺棄とは、配偶者が生活費を支払ってくれない状況です。正当な理由がなく、婚姻後の同居や協力、扶助の義務を怠る行為を指します。悪意の遺棄が原因で慰謝料を請求する場合の相場は、50万円~100万円程度です。悪意の遺棄の期間が長いほど慰謝料が高くなります。

慰謝料を増額させる方法

相手配偶者が原因で離婚する場合は、慰謝料を増額させる方法を知っておきましょう。離婚後の新生活のためです。

証拠集め

相手配偶者が離婚原因について、しらを切る場合もあります。もし裁判に発展すれば、立証できるだけの証拠が必要です。

不貞行為ならば、動画や写真、メールの内容、不倫をした時の領収書やカード利用明細などを保管しておきましょう。信用調査会社に依頼した報告書も証拠になります。

DVやモラハラは、動画や録音、ケガの写真や診断書、メールで罵倒されている場合は、その内容も証拠です。立証するため保管しておきましょう。

駆け引きもだいじ

いきなりすべての証拠品を相手に見せてはいけません。相手と協議離婚するときは、証拠品を隠し話し合いを行いましょう。証拠品のほかに相手が自白することもあります。不倫相手が複数いるかもしれません。慰謝料交渉は、駆け引きを上手に行うことで、増額できる場合があります。

慰謝料が払えないと言われたときは?

相手が「離婚慰謝料は払えない」と言うこともあります。何かしらの理由をでっち上げ、責任転嫁をする場合です。相手が慰謝料を下げるための手段を取ってきたときは、弁護士に依頼し対抗しましょう。

慰謝料には明確な基準はありません。ただ証拠がそろってさえいれば、法律のプロが上手に交渉をすすめてくれます。弁護士費用を差し引いても、金額で得するかもしれません。まずは無料相談などを利用し相談をしてみましょう。

離婚問題に強い弁護士に相談したいなら、横浜にあるミズホ法律事務所へ相談してみてください。

ダブル不倫とは?

まずダブル不倫の意味をハッキリ理解しておきましょう。ダブル不倫とは不倫する双方に配偶者がいる場合です。したがって一方の配偶者が不倫相手に損害賠償を請求すると、相手からも同じように損害賠償を請求されるかもしれないのです。このような場合はたとえ相手から慰謝料を受け取っても、こちらからも支払わなければならないのですから、慰謝料を貰った意味がなくなってしまいます。それどころかこちら側が離婚しないで相手だけが離婚した場合は、相手への慰謝料の方が大きくなることも考えられるのです。したがって、このような場合は相手の様子をよく観察しながら謝料請求のタイミングをはからなければいけません。そうでなく下手に慰謝料を請求してしまうと、相手からは更に大きな慰謝料を請求されて、結局は損をしてしまうことがあるのです。

ダブル不倫では慰謝料を相殺できるのか

ダブル不倫では双方に慰謝料を請求する権利が発生します。ということは話し合いで相殺すればいいではないか、とも考えられます。これはもっともな理屈のようですが、そんなことができるのでしょうか。はっきり言ってダブル不倫で慰謝料を相殺することはできません。なぜかと言いますと、相殺には当事者間に債権が対立することが必要なのですが、ダブル不倫の場合は各々の慰謝料請求は債務者と債権者が異なっているからです。とは言え4名が話し合った上で、慰謝料請求権を放棄することはできます。そうした場合は後でもめないように示談書を作っておく必要があります。