離婚では離婚後の生活費の問題がきわめて重要な課題になる

離婚する女性にとっての最も大きな心配事は離婚後の生活費についてではないでしょうか。それはそうでしょう。何しろ一家の大黒柱の収入をすべて失うのですから心配でないはずがありません。たとえば離婚前に夫の収入が30万円入ってきていたとしても、離婚後にはそれがゼロになってしまうのです。しかしこれが離婚の現実なのですから、認めないわけにはいけません。とは言え離婚によって入ってくるお金もあるにはあります。それは夫からの子どもに対する養育費、それに母子家庭に対して国が支給してくれる児童扶養手当などです。でもこの二つをあわせても離婚前の夫の収入の3分の1ほどでしかありません。では減少した生活費をどうして補えばいいのでしょうか。

離婚した女性は収入の安定した仕事につかなければいけない

このように離婚した女性にとっては離婚後の生活費の確保が切実な問題になってきます。では少しでも不足分を増やすためにはどうしたらいいのでしょうか。それには離婚前のように仕事先をパートやアルバイトなどに求めず、収入の安定した正社員の職場に就かなければいけません。正社員だと収入が安定するだけでなく、ボーナスもあるでしょうから、ある程度不足分をカバーすることができます。したがって例え知識やスキルを身につけてでも、なんとしても正社員の職に就くための努力を惜しまないことが大切です。いま離婚した女性の就職に対しては国も力を入れており、様々な援助体制で臨んでいるようです。したがって、費用をかけずに技術を身につけるための制度は多くあります。そうした制度を上手く利用して、できるだけ早く正社員として働ける技術を身につけることをおすすめします。