離婚の財産分与や慰謝料に税金はかかるのか

離婚では財産分与や慰謝料で大きなお金が動くことがあります。ではこうしたお金には税金がかかるのでしょうか。まず財産分与ですが、現金で分与する場合は税金はかかりません。一方不動産や有価証券などの分与では税金がかかることがあります。したがってそうした分与が起りそうな場合には、前もって税理士に相談するか、税務署に問い合わせておくといいでしょう。なおこの場合の税金には分与する側、分与される側に対してそれぞれ次のようなものがあります。<財産を分与する側の税金>譲渡所得税⇒財産の時価が分与する際に購入時より上昇している場合はこの税金が発生します。ただしいろいろな例外や控除があったりしますから、事前によく調べておく必要があります。<財産を分与される側の税金>①不動産所得税⇒不動産を分与されると発生します。②登録免許税⇒これも不動産を分与されると発生します。③贈与税⇒財産分与額が大きいときに発生します。

離婚の財産分与には税金は不要だが贈与税に注意することが必要

離婚で慰謝料を受け取った場合は現金分に関しては税金はかかりません。とは言え、受け取った額があまりもも大きい場合はそうとも言えず、贈与税がかかる場合があります。それは額があまりにも大きいと慰謝料に見せかけた贈与だとみなされるからです。したがって額が多いと予想される場合には、税理士などと相談してあらかじめ対策を立てておくことが必要です。なお慰謝料は財産分与に含まれて支払われることがありますが、この場合は財産分与の税金と扱いが同じになります。